予防歯科  ことぶきわたなべ歯科医院|
東京都 台東区 浅草 上野 田原町 歯医者 入れ歯 審美歯科 ホワイトニング

〒111-0042 東京都台東区寿2-3-6 03-3845-8020
+Prevent 予防歯科

 

このようにお考えではないですか?  「虫歯になったら治療すれば治るんでしょ」  「毎日しっかりと歯磨きをすれば虫歯・歯周病になんてならないよ!」  これは間違った認識です。  いくら虫歯・歯周病の治療をしたとしても、  お口の環境自体を変えていかなければ「治療の連鎖」を  断ち切ることはできません。  以下、ご説明します。

 

○カ月に一度メインテナンスに来てくださいね!

歯医者さんでの治療が終わり、このように言われたことはありませんか?

治療が終了して、「なんで悪いところもないのに通院しなければならないの?」と思った方も多いと思います。この疑問にこれからお答えします。

 

 

予防歯科の必要性。歯は削れば削るほど悪くなる?!

「虫歯になっても、削って治療をすればよくなる」と考えている方は多いのではないでしょうか。確かに、虫歯の部分を削り取り、硬い金属の詰め物・かぶせ物をすると、何だか以前よりも丈夫になった感じがしますよね。

ビックリマーク

しかし、残念なことに、歯は治療すればするほど悪くなります。

 

あまり知られていない事ですが、お口の中というのは非常に過酷な環境に置かれています。熱い食べ物、冷たい飲み物が絶えず入ってきますし、物を噛み砕く際は歯と歯がはげしくぶつかり合います。この厳しい環境下が原因で、「歯」と「詰め物・かぶせ物」の間には目で確認できないほどの小さな隙間がどうしても生じてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、虫歯が再発することになるのです。

そして、一度、治療した歯を再治療する際には、さらに大きく歯を削る必要があります。

この再治療のサイクルを繰り返してしまうと、最終的には削る歯もなくなり、抜歯、そしてインプラント・入れ歯・ブリッジの流れをたどることとなってしまいます。

 

このことを裏付けるお話として、成人の方の虫歯治療のほとんどは、新たにできた虫歯の治療ではなく、過去に治療した歯の再治療であると言われています。

 

1度治療した歯は強くなったのではなく、弱くなったという認識が大切です。

治療後、虫歯再発とならないために、予防・メインテナンスの正しい知識を持ち、

少しだけこれまでと違う行動をとることが大切となります。

 

 

歯磨きだけでは虫歯は予防できない?!

「毎日、歯を磨いているのに虫歯・歯周病になるのはどうしてですか?」

ビックリマーク

患者さんからよく聞かれる質問のひとつです。

もちろん、毎日の歯磨き習慣は大切なことです。

しかしながら、それだけでは虫歯・歯周病の予防ができないのもまた事実です。

 

その秘密は、バイオフィルムとよばれる歯磨きをしていても除去できない強力な汚れにあります。このことをお伝えするために、患者さんには次のような例え話をすることにしています。

 

たとえば、毎日、台所の三角コーナーの中にある生ごみを捨てますよね。

これがお口の中でいう、"歯を磨く"ことにあたります。

しかし、毎日、生ごみを捨てていても1ヵ月もすると、"ヌメヌメ"してきますよね。

実は、これと同じことがあなたのお口の中でも起きているのです。

 

この三角コーナーのヌメヌメをきれいにするためにどうしているでしょうか?

おそらく、クレンザーなどの強力な洗剤を使用して、元通りのピカピカの状態に戻しているとおもいます。

 

三角コーナーと異なり、お口の中では、このような強力な洗剤を使用することはできません。したがって、それよりも安全なものとして、普段、あなたが使用している歯磨き剤を使用することになります。

 

しかし、残念なことに歯磨き剤だけでは口の中の"ヌメヌメ"を完全に落とし切ることはできません。これが、毎日、歯を磨いていても虫歯・歯周病になってしまうメカニズムなのです。

 

お口の中にできる"ヌメヌメ"をバイオフィルムと呼び、虫歯菌・歯周病菌などにとってのバリアのようなものといえます。このバリアを壊さない限り、虫歯菌や歯周病菌に直接効果的な攻撃を加えることはできないのです。

 

このバリア(バイオフィルム)を除去するためには、歯科医院で定期的にPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれる"プロによる機械を用いた歯のクリーニング"を受ける必要があります。

 

 

PMTCの治療手順

治療計画 歯の染め出し検査などを行い、お口の中を診査します。
歯石除去 専用の器具を使って歯石を細部まで取り除きます。
着色除去 専用の器具で、歯の表面のヤニや茶渋などの着色をとります。
研磨 専用のジェル(フッ素配合)を使って、歯と歯の間や表面を1本ずつ丁寧に磨き上げます。
フッ素塗布 仕上げに、歯質を強化するフッ素を塗布します。
ホームケア 最後に、家庭でのブラッシング指導や今後の計画を話し合います。

PMTC前 PMTC後

※頑固な汚れであるバイオフィルム・歯石を除去するだけでなく、歯の着色汚れもとれ、自然な白さがよみがえります。また、歯がツルツルになり、お口の中がサッパリします。この爽快感は患者様に大好評です!

 

 

定期的メインテナンスの絶大な効果

歯科医院での定期的な予防・メインテナンスを「した方」と「そうでない方」の年齢別の統計があります。これによると80歳のなったときに残っている歯の本数には9本近くの開きがでるという結果になりました。

 

定期的メインテナンスの絶大な効果

出典:日吉歯科診療所調べ

 

以下、もっと分かりやすく「メインテナンス」をしている場合としていない場合の比較を説明したいと思います。

 

 

「痛い時だけ通院する方」と「定期的に通院する方」の 歯のライフサイクルと治療費の比較

≪痛い時だけ通院する方の歯のライフサイクル≫  80歳までの治療費推計¥4,354,000

 

≪定期的に通院する方の歯のライフサイクル≫  80歳までの治療費推計¥1,514,000(画像処理)

 

「3~6カ月に1回の定期的メインテナンスに行くのは面倒だし、費用も高くなりそうだな」と感じておられる方も多いと思います。しかし、結果はどうでしょうか。

定期的に通院した方が約300万円も治療コストがかかっていません。

 

また、歯科医師としてなによりも主張したい点は、「80歳になっても自分の歯でいられる」ことの素晴らしさです。

一般の方々は「歳をとれば、自然に歯が抜けてしまうものだ」とお考えの方がいると思いますが、事実は違います。若いころから歯科医院で定期的にメインテナンスを受けていれば、上記の図・統計にもあるように、多くの歯を残すことが可能となるのです。

 

歯を失うことの辛さは、実際に失った方でないと分りませんが、事実、生活の質が落ちてしまいます。快適な老後を送るためにも、早いうちから歯のありがたみを理解し、日々のブラッシング、定期的なメインテナンスを生活習慣の1つに組み込むことが非常に大切となります。

 

 

「治療の連鎖」を断ち切るために

ここまで読んでいただければ、虫歯・歯周病の治療が終了しても、今までと変わらない生活習慣や歯に対する考え方のままであれば、結局、再治療の可能性が高まることがお分かり頂けたと思います。

 

現在の歯科医療では、虫歯・歯周病の原因が解明されており、どのようにすれば虫歯・歯周病にならずに済むのかの予防法が確立しています。

 

虫歯・歯周病になってしまったのには、あなたにそれだけのリスク(生活習慣、ブラッシングの方法、間食などなど。) が存在していたからです。このリスクを減らすことができなければ、治療したとしても再発する可能性は高まります。

 

歯科医院でのメインテナンスでは、単に歯石・バイオフィルムなどを除去するだけでなく、あなたのリスクを把握し、そのリスクコントロールのアドバイスも行います。

 

歯科医院を「治療する場所」ではなく、「予防する場所」としてのご活用をお勧めします!

 

 

当院の予防システム

clubLogo

より充実した「予防」を希望される方のために

より充実した「予防」を希望される方のためにできた、

むし歯予防推進室「クローバーズクラブ™」

最新の設備と最新の予防歯科学の研鑽を積んだ歯科衛生士が、責任を持ってみなさまの口腔ケアのお手伝いさせていただきます。

「デンタルノート」で患者様と共に口の健康状況を管理し、患者様と一緒にお口の中の疾患を予防してまいります。

※デンタルノートはお子様のみのサービスです。

 

デジタルノート

●主にこのようなことを行います!

1、唾液検査

お口の中の虫歯のリスクを唾液から検査します。

2、PMTC

検査結果をもとに、専用器材を使って歯を

一本一本ていねいにクリーニング、

また歯ぐきのお手入れも行います。

3、高濃度フッ素塗布

高濃度のフッ素で歯をコーティング。

むし歯になりにくい強い歯をつくります。

(クローバーズクラブは、ことぶきわたなべ歯科医院の商標登録です。)

 

 

クローバーズキッズ

お子様がこれから一生にわたってお口の健康を維持するための第一歩

クローバーズキッズ™は小さなお子様が、これからの人生でお口の病気に悩まないですむようにするための第一歩となるむし歯予防クラブです。お口の健康を自分で守る習慣を身につけ、生涯にわたって健康な歯を保つ意識を持ってもらうことを目的としています。

おうちの方と、お子様ご自身が「デンタルノート」を使って、楽しく気軽にむし歯予防を身につけてもらえるよう常に工夫をしています。

低年齢から小学校6年生までのお子様が対象です。

 

診療風景

●主にこのようなことを行います!

1、お口のチェック

お子様のお口の状態をチェック!

2、歯磨き指導

上手な歯みがきの仕方を楽しく覚えていただきます。

3、PTC・フッ素塗布

歯ブラシを用いたクリーニングを行い、

ご家庭でも使用できる低濃度のフッ素塗布を行います。

(クローバーズキッズは、ことぶきわたなべ歯科医院の商標登録です。)

 

年表

 

 

+コラム

当院のロゴマークとして「クローバー」を使っています。実は、このクローバーのマークにはある意味があります。

 

お口の健康を維持するためには4つのことが大切と言われています。それは、1)歯をみがくこと(ブラッシング)、2)フッ素入り歯みがき剤を上手に使うこと(フッ化物の応用)、3)発酵性の食品が口に中に留まる時間を短くすること(正しい食生活)、そして4)これらの手段がきちんと機能しているかチェックすること(定期的歯科健診)です。これは子供でも大人でも、基本的に同じで変わることは有りません。すなわち、体の清潔を保つためにお風呂に入るように、歯の清潔を保つための基本であるブラッシング、歯を硬くしてむし歯になり難くするためのフッ化物の応用、体や精神の健康を守るための基本である正しい食生活、そしてその効果判定のための歯科医療者による定期健診は、生涯を通じて行わなければならない大事なことと言えます。

これら4つの事項は、クローバーの「4つの葉」で表現されています。

では、「茎」の部分は?

これは、キシリトールを常用することを表現しています。

 

キシリトールを常用する事は、4つの大切な事項の効果を著しく向上させます。

例えば、キシリトールはプラークを剥がし易くするため、ブラッシング効果を上げますし、フッ素と一緒に使うことにより歯を硬くする効果を向上させます。キシリトール製品を利用して、正しい食生活の教育もできますし、歯科医院ではキシリトール製品を使用したう蝕予防についての説明とその効果判定が受けられます。そのため、キシリトールを使ったむし歯予防法は、追加型むし歯予防法と呼ばれています。

 

4つの葉が大きくなるには、茎が無くてはなりません。しかし、葉が無くて茎だけでは、大きくなりようがありません。つまり、4つの葉(4つの大切な事項)を大きくするためにキシリトールは使われるのです。

 

当院では「予防」に力を入れています。その象徴として「クローバー」をロゴマークとして採用しました。

キシリトール