インプラント  ことぶきわたなべ歯科医院|
東京都 台東区 浅草 上野 田原町 歯医者 入れ歯 審美歯科 ホワイトニング

〒111-0042 東京都台東区寿2-3-6 03-3845-8020
+Implant インプラント

 

当院ではカウンセリングを「治療の一部」と考えています。  お口の悩み・希望など、「本音」を私たちに聞かせてください。  何度でも結構です。納得するまで話し合いましょう。  それが最善の治療法を見つけ出す  カギとなるのですから。

 

奥歯を1本失うだけで、「かむ力」は大幅に低下する?!

人間の歯は28本あります。来院されている方と話をしていると、「28本もあるのだから、1本ぐらい無くなっても大丈夫」という方が多いことに驚かされます。

しかし、奥歯を1本失ってしまった場合だけでも、かむ力は本来と比べ大幅に低下してしまいます。ご存知でしたか?

 

また、上の歯を失ってしまった場合、そのまま放置しておくと、失ってしまった歯の両脇の歯が倒れこんできます。下の歯を失ってしまった場合には、上の歯が下に落ち込んできますので早目の治療が必要になります。

そのまま放っておいても大丈夫と思っていませんでしたか?

 

このように歯を失った場合に関しての知識がまだまだ一般の方には浸透していませんので、まずは以下の文章を読んで、デンタルIQを一緒に高めていきましょう!

 

 

歯を失った場合の治療法には3つの選択肢があります。

歯を失ってしまった場合には、①インプラント ②ブリッジ ③入れ歯の3つの選択肢があります。

【インプラント】 【ブリッジ】 【入れ歯】

それぞれの治療法の特徴についてご説明していきます。

 

1.インプラントとは?

インプラント治療は、歯を失ったところを回復する治療としては、

現在の歯科医療で実現可能な最先端の治療方法であるといえます。

インプラント治療では、歯を失ったところに人工のネジを埋め込み、その上にかぶせものを装着することで、本来の機能近くまでかむ力を回復することが可能です。ブリッジや入れ歯と異なり周囲の歯に負担をかけることもなく、見た目にもほとんど自分の歯と区別がつきません。

 

また、しっかりメンテナンスを継続することで10年経過後のインプラントの残存率は95%以上と、他の治療方法と比較しても圧倒的に成功率の高い治療法であり、インプラント治療が現在の歯科医療を大きく変えたといわれているほど画期的な治療方法であるといえます。

 

ただし、最先端の治療方法であるため、保険の適用範囲外の治療方法となります。

 

2.ブリッジとは?

インプラント治療が普及する以前は、歯を失った場合の第一選択として考えられていたのが、ブリッジによる治療法です。

 

ブリッジ治療では、失った歯の両隣の歯を削って、土台を作り、両端から橋渡しをするような形で失った歯を補うようにします。

見た目には歯の本数が増えたように見えますが、実際には、失った歯の分を両端の歯で支えていますので、かむ力は本来の60%程度となります。

 

また、ブリッジの8年経過後の残存率は50%程度と低く、支えとなっている両端の土台となった歯に大きな負担がかかるため抜歯しなくてはいけないケースも多く存在するというリスクをしっかりと認識したうえで治療を選択することが大切です。

 

ブリッジは、装着する部位や、使用する材料に応じて、保険適用されるものと保険適用がされないものがあります。

 

3.入れ歯とは?

入れ歯による治療は古くから行われている方法です。

失った歯の本数に応じて、様々な形態の入れ歯が存在します。

 

入れ歯のかむ力は、30%程度と言われています。3つの治療方法の中では、一番安定感がないだけではなく、『入れ歯は歯を壊す装置』と言われるほど、入れ歯をひっかけている歯がその負担に耐えられずに抜歯しなくてはいけないケースが多いといえます。そのため、入れ歯は4年程度で50%以上の方が作り直している治療方法です。

「家族と一緒に食事に行っても自分だけメニューを変えなくてはいけない」「旅行にいったときなどは、隅の方で隠れながら入れ歯を外している」など生活の質を落としてしまうのも入れ歯の欠点であるといえます。

 

しかし、保険外の入れ歯を選択して頂くことで、ピッタリと合った入れ歯を作成することが可能となり、「痛い、噛めない、はずれる」といった入れ歯の悩みを解消することが出来ますので、一概に入れ歯は良くないとも言い切れません。

 

入れ歯は、使用する材料に応じて、保険が適用されるものと保険適用がされないものを任意で選択することが可能です。

詳しくは入れ歯を参照下さい。

 

 

インプラント・ブリッジ・入れ歯の治療方法の比較

かみ応え  周囲の歯への優しさ  見た目の美しさ  保険適用の有無

 

 

インプラント・ブリッジ・入れ歯の耐用年数比較

インプラント・ブリッジ・入れ歯の耐用年数比較図

出典:インプラントジャーナル

この表の見方を説明します。

 

「入れ歯」

4年経過後に50%の入れ歯が破損・不具合などで作り直しになります。

「ブリッジ」

8年経過後に50%が破損・不具合などで作り直しになります。

「インプラント」

10年経過後でもわずか4%のみが破損・不具合で作り直しとなります。

50%に到達するにはまだまだ時間的余裕があり、しっかりしたメンテナンスを行っていれば、生涯を通して使用できることが分ります。

 

この統計により、インプラントが他の治療法と比べどれだけ安定性・信頼性があるか理解して頂けたと思います。

 

 

■インプラントの費用は高い?!

最高の歯科医療を提供しようとする際に、ネックとなるのが費用の問題です。

特にインプラントのように1本あたり数十万円と高額な治療に関しては、歯科医師として高額な費用を請求しなくてはいけないことに、一種の心苦しさを感じているというのが本音です。

 

ただ、それでも当院では、歯を失った際の選択肢の1つとして、インプラントをお伝えするようにしています。その理由は、長い目で見た場合に「費用対効果」がよいという一言に尽きます。

 

―インプラントが長い目で見た場合に費用対効果がよい理由―

日本人には、歯を失っていく典型的なパターンというものがあります。

 

まずは歯を一本失うところから、すべてが始まっていきます。

多くの方が保険の「ブリッジ」を選択され、両方の健康な歯を削ってしまいます。

何年かすると、支えとなっている歯がダメになってしまい、

抜歯して「部分入れ歯」を入れます。

部分入れ歯をひっかけている歯がダメになってしまい、

部分入れ歯の範囲が拡大していきます。

そして、最終的に「総入れ歯」になってしまいます。

 

このような負のスパイラルにくさびの役目を果たすのがインプラントだといえます。

インプラントは、入れ歯やブリッジのように周囲の歯に一切の負担を与えませんし、高額なインプラント治療をされた方は、「二度とこのような思いをしたくない!」ということで、定期的なメンテナンスに通っていただく方が多く、その後、歯を失わなくて済むケースが圧倒的に多いといえます。

したがって、インプラント1本に対して40万円という費用を支払うというよりも、むしろ、自分の残っている歯を守るための40万円というとらえ方の方が実際の認識に近いといえます。

 

―お口の中に、「車」一台分の費用を投資する意識も、実は合理的?!―

―お口の中に、「車」一台分の費用を投資する意識も、実は合理的?!― 説明グラフ

上図は何を表わしていると思いますか?

これは80歳の方に対しての調査で、「歯が20本以上ある方」と「9本以下しかない方(入れ歯もしていない)」で日常生活の自立度を調べたものです。最近ではしっかり物を噛むことが「ボケ防止になる」とか「身体機能を維持する」などと言われていますが、実際はどうなのでしょう。この調査からそれが分かります。

結果としましては、「歯が20本以上ある方」の約80%が日常生活を自立して行えており、「9本以下しかない方(入れ歯をしていない)」においては、約20%の方しか日常生活を自立して行えていないことが分かりました。

 

もし仮に、日常生活を自立して行うことが出来ず介護施設に入居することとなった場合、費用はもちろんのこと、家族や本人の心理的負担は想像以上に大きなものとなります。

参考例として、一般的な介護施設の費用を掲載しました。

 

<終身利用型、介護付き有料老人ホームで過ごした場合の一般的な例>

「入居金」…600万円

「月額利用料」…18万6千円 ※要介護1

「出典:オアシスナビ(http://www.oasisnavi.com/article/005/index.html)」

 

こうしたことまで考慮した場合、お口の治療費用として数十~数百万円という通常の感覚では信じられないような治療費用をかけてでも、"噛む"という機能を取り戻そうとされる方が、実際には想像以上にたくさんいるという事実も理解できるのではないでしょうか。

 

当院では、費用の負担感を少しでも抑えたいという思いから、デンタルローンを受け付けております。まずは、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

当院が採用しているインプラントメーカー

イプラントと一口にいっても、様々なメーカーがあることは一般の方にはあまり知られていません。現在、国内には約40種類以上ものインプラントメーカーが存在しています。

それぞれには互換性が無く、治療実績、手術方法、価格、保障、安全性に違いがあります。

 

全てを考慮したうえで安心して患者様に提供できるインプラントメーカーは正直2つしかありません。次の2つです。

 

☆ノーベルバイオケア社のインプラントシステム(世界シェア37%、日本シェア40%)

☆ストローマン社のインプラントシステム(世界シェア22%)

 

これ以外のインプラントシステムは全て新興ものであり信頼できるとは言えません。

世界シェア

※2つのインプラントメーカーだけで世界シェアの6割を占めています。

 

なぜここまでシェアを獲得できたのでしょうか。

これは「安全性」において実績があるからに他なりません。

 

インプラント治療を考える際、是非どちらかのインプラントメーカーを扱っている歯科医院で手術を行うことを強くお勧めいたします。

当医院では世界シェア1位のノーベルバイオケア社のインプラントを採用しています。

 

また、インプラントを考える際、シェアの比率も非常に重要な要素となります。

前述しましたが、インプラントメーカーによってネジなどのパーツ1つ1つの規格が全く異なり、メーカー間の互換性がありません。

より、埋入されたインプラントのメーカーが倒産してしまったら、部品の交換が難しくなりますし、引越先にそのインプラントを扱っている歯科医院がなければ、わざわざそのインプラントを扱っている歯科医院まで足を運ばなければならない事態も生じてしまいます。

 

これらを考慮した際、世界的シェアを獲得しているノーベルバイオケア社(ストローマン社)のインプラントシステムを選択しさえすれば、手術後の心配もなくなります。

 

 

最先端インプラント-Nobel Guide(ノーベルガイド)

Nobel Guide(ノーベルガイド)とは、ノーベルバイオケア社が提供する、インプラント手術を安全・確実に実行できるように誘導してくれるシステムの総称です。

 

ノーベルガイド

 

以前までのインプラント手術は、歯科医師の経験や勘に頼った部分が多くありました。しかし、ノーベルガイドを活用することで、「経験や勘」といったあいまいなものに頼るのではなく、寸分の狂いのない「データー」に基づいた手術が可能となり、安全性・正確性が格段に向上することになります。

 

ノーベルガイドの一番特筆すべき特徴は、CT画像をコンピューターソフトに取り込むことで詳細な三次元立体画像を作り出すことができる点です。

 

ノーベルガイドが開発されるまでは、レントゲン・CTによる事前の手術シミュレーションは行いますが、結局は歯ぐきを切開して骨の状態を目で確認してみない事には何とも言えないという確実性に欠ける治療法でした。

しかし、このシステムを活用することで歯ぐきを切開せずとも、骨の状態、神経の位置などを事前に把握することが可能となり、どの角度でどの長さどの太さのインプラントを埋入するのが一番安全であるかまでも事前にシミュレーションが可能となるのです。

 

-「以前までの治療法」と「ノーベルガイドを活用した治療法」の比較-

 
■歯ぐき切開の有無

 

<以前までの治療>

歯ぐきを切開して、担当医師が目で骨の状態を確認するまでは、埋入するインプラントの太さと長さを決定できませんでした。

また、歯ぐきを切開するので出血が伴い、術後の痛み・腫れの原因となり、患者様の精神的・肉体的負担が大きくなっていました。

歯ぐき切開 図

 

<ノーベルガイドの活用>

手術前に三次元立体画像で骨の幅・高さなどを確認できるため、事前にインプラントの太さ・長さを決定できます。より、わざわざ歯ぐきを切開して目で確認する必要はなくなったので、出血・痛み・腫れが大幅に軽減され患者様の負担も軽減されました。

フラットプレス

 

■骨質の判断

 

<以前までの治療>

インプラントを埋入してみなければ判断が出来ませんでした。

つまり、一旦インプラントを埋入してみて骨質が悪いと判断されたら、再度違う部分に埋入し直す作業が必要となり、患者様の精神的・肉体的負担が大きくなっていました。

 

<ノーベルガイドの活用>

骨質も事前に確認が出来きますので、骨質が良好な部分にピンポイントでインプラントを埋入可能となります。

また、骨質が良好な部分にインプラントを埋入するので、「即日(1日)インプラント」も可能となります。

 

即日(1日)インプラントとは、インプラントを埋入し、かつ、仮歯まで入れる術式です。その日のうちにおいしく食事が出来るようになります。今までの治療法では、仮歯を装着するまでに、インプラント埋入後、2~4カ月の治癒期間を置かなければならず、患者様の肉体的精神的負担は大きいものでした。

しかし、この治療法の開発により、患者様の負担は大幅に軽減されることになります。

 

※即日に取り付ける歯はあくまで「仮歯」ですので、3~5ヶ月後には最終的な人工歯に取り換える作業が必要となります。

※骨質が良好な部分にインプラントを埋入するので、わざわざ骨造成をする必要もなくなります。

 

■仮歯装着までの期間

 

<以前までの治療法>

仮歯はインプラント埋入後に作成していました。

ですので、おいしく食事が出来るまでにはインプラント埋入後2~4カ月の期間待つ必要がありました。

 

<ノーベルガイドの活用>

インプラント埋入前に全ての手術シミュレーションができます。これは仮歯についても同様で、手術前に仮歯を用意することが可能となります。

つまり、手術後すぐに仮歯を入れることができ、その日のうちにおいしく食事をすることが可能となります。

 

※骨の状態によってはその日のうちに仮歯を入れられない場合もあります。

 

■安全性

 

<以前までの治療>

レントゲンは撮影角度によっては「ゆがみ」が生じてしまうことがあり、神経や血管を正確に避けてインプラントを埋入することは出来ませんでした。

メディアをにぎわせている最近のインプラント事故は、これが原因のものが多くあります。

 

<ノーベルガイドの活用>

三次元立体画像を活用すれば、どの部分に神経・血管があるかが一目瞭然になります。

よって、その部分を避けて正確にインプラントを埋入することが可能になりました。

また、事前に適切なインプラントの太さ・長さ・本数・種類・位置・角度も正確に確認できるので、安全性が格段に向上しました。

 

■患者様の納得感

 

<以前までの治療>

以前までの治療説明はレントゲン画像やCT画像を活用していました。

しかし、これらの画像を見てもサッパリ理解できないというのが患者様の本音だったと思います。

レントゲン

 

<ノーベルガイドの活用>

三次元立体画像を活用して患者様に説明します。

この画像は誰が見ても理解できるビジュアルとなっていますので、理解できないまま治療されてしまったという事態は起こりません。しっかり納得して頂いてから治療に入っていくことが可能となります。

三次元立体映像

■その他

 

ノーベルガイドを活用することで手術時間の短縮(以前の2分の1程度)、通院回数の減少などのメリットもあります。

 

ノーベルガイドは高度な技術を必要とするため、日本ではまだ一部の歯科医院でしか普及していません。これからはノーベルガイドを採用しているか否かが歯科医院を選ぶ際の基準の1つとなると思います。

 

 

 

信頼できる歯科技工所との提携

インプラントに用いる素材は、歯科技工士という方により作成されます。

つまり、信頼でき、技術力のある歯科技工所と提携しているか否かが良いインプラントを作成するうえでの必須条件となります。

 

当院では「中田デンタルセンター」という技工所と提携しています。

以下、ご紹介します。

 

中田デンタルセンターの「社訓」を教えてください。

「患者様のための歯科技工」

これを中田デンタルセンターの社訓としています。

良いものを提供し、患者様に喜んでもらう。これが歯科技工士の存在意義ですから。

 

作業風景

 

インプラントにおいて、他の技工所にはない「強み」は何でしょうか?

最新機器

最新機器(CAD/CAMシステム)を積極的に導入していることです。しかし、最新機器をただ導入すれば良いということではありません。

使いこなす「人」があってこその「機器」です。

その点、最新機器の性能を最大限に引き出せる人材がいること、そしてその知識・技術力を技工所内で共有するシステムが構築されていることも我々の強みと言えます。

他にも何か「強み」はありますか?

技工所内に「インプラント専門チーム」を立ち上げていることですね。

最新技術の習得、実践に日々励んでいます。

 

このチームの技術力のおかげで、「All-on-4(4本のインプラントのみで義歯を固定する方法)」と呼ばれる最先端インプラントの症例数で日本でNo.1の実績を獲得することが出来ました。

そしてこの技術力・知識をもっと広めるため、定期的に講習会を開いていることからも、私たちの実力が伺えるかと思います。

 

またPIB(プロセラ・インプラント・ブリッジ)もぜひ患者様に知って頂きたいです。

簡単に説明しますと、以前までブリッジに使う素材は「メタル」でした。この素材は重量があり、金属アレルギーが生じるなど患者様に大きな負担をかけていました。

しかし、プロセラシステム(CAD/CAM)と呼ばれる最新機器を利用することで、素材を「メタル」ではなく「チタン」「ジルコニア」を利用することが出来るようになりました。

 

特に「チタン」は、「メタル」と比べ3分の1の重さであり、金属アレルギーも生じない、適合性がよいといった特徴を持ち合わせますので、歯科医師からも患者様からも非常に喜ばれています。

 

最後に読者へ一言

患者様に喜んで頂けるよう、日々、技術の向上を目指しているので、安心して我々にお任せ下さい。

 

集合写真

 

 

来院者の声

来院者の声はこちら

 

 

料金表

料金表こちら

 

 

インプラントQ&A

インプラントの術式に「1回法」、「2回法」、「即日(1日)インプラント」がありますが、違いは何なのでしょうか?

インプラント埋入から完成までの治療工程が異なります。

 

  手術回数 歯ぐきの切開 仮歯装着までの期間
2回法 2回 あり 2~4カ月後
1回法 1回 あり 2~4カ月後
即日インプラント 1回 なし 手術日

 

この術式は患者様の骨の状態により使い分けることとなります。

 

・骨の状態:良好→即日インプラント

・骨の状態:普通→1回法

・骨の状態:悪い→2回法

 

下記に即日インプラント(左)、1回法(中央)、2回法(右)を比較した図を掲載します。

それぞれ1回目の手術でどの程度まで治療が進行するかをご覧ください。

 

術式比較

インプラント治療はどんな人でもできるのでしょうか?

事前検査の結果によっては、稀に治療に不適応な方もいらっしゃいます。具体的には下記のような方です。

 

①成長過程にある若年者の方

※骨の成長がほぼ終了する20歳以上の方がインプラントの治療対象となります。

②免疫不全の方

③1型糖尿病の方

④常的ホルモン治療・放射線治療を受けている方

 

また、インプラント治療不適応ですが、生活習慣の改善や、治療による症状改善により、インプラント治療が可能となる場合があります。具体的には下記の方になります。

 

①お口の中の清掃状態が悪い方

②歯周病の方

③インプラントを埋め込む骨の厚さが少ない方

④喫煙者

⑤骨粗鬆症の方

⑥2型糖尿病の方

インプラント手術は痛いですか?

インプラント手術は骨に穴をあけるので、「痛みが伴うのでは?」と思われるかもしれませんが、痛みは伴いません。そもそも骨には神経がないので、骨から痛みが生じることはないのです。

痛みが生じるのは、骨を露出させるために歯ぐきを切開することに原因があります。

もちろん、手術中は麻酔をしているので痛みは生じませんが、手術後、麻酔が切れた時に若干の痛みが生じます。しかし、痛み止めを処方しますのでその痛みも心配する必要はありません。

また、インプラントの術式は数種類あり、歯ぐきを切開しない方法もあります。

歯ぐきを切開しない場合、手術後の痛み・腫れは大幅に軽減されることになります。

インプラント手術のために入院する必要はありますか?

入院の必要はありません。手術当日に帰宅できます。

治療費はどのくらいするのでしょうか?

インプラントには保険の適用がありません。自費診療となります。費用はインプラントの本数、お入れする人工の歯の種類、お口の中の状態により人それぞれ異なってきます。まずは担当医とよく相談してからの判断となります。

インプラント手術前にどんな治療が必要ですか?

虫歯や歯周病がある場合は、そちらの治療をしてからインプラント治療に入ります。

インプラントはどのくらいもつのでしょうか?

インプラント自体はチタン製なので半永久的に機能します。しかし、お手入れがしっかりしていないと通常の歯と同様に歯周病のような状態になり、インプラントの周囲の歯がやせてきてグラグラしてきます。しっかりとしたメンテナンスをすることで、10年経過後も95%以上の方々がインプラントを快適に利用しています。

インプラント手術をしたいのですが、恐怖心が先立ってしまいなかなか踏み切ることが出来ません。何か良い方法は無いのでしょうか?

あります。

このような方には静脈内鎮静法を提案させて頂いております。

点滴から鎮痛・鎮静剤を投与し不安や緊張感を取り除く方法です。

患者様は半分眠った状態で手術に臨むことができるので「気がつけば手術が終わっていた」という具合で治療を終えることが出来ます。治療後は眠気・ふらつきが収まり次第そのまま帰宅可能ですので、入院の必要はありません。

当院では麻酔専門医生体監視モニターで患者様の状態を確認しながら行いますので安心です。

また、緊急のためのAED酸素ボンベも常備していますので安心して治療に臨んで頂けます。

生体監視モニター AED 酸素ボンベ

インプラント手術は危険?

決してそのような事はありません。

インプラント事故がよく報道されており、インプラント手術は危険なものであるという印象を持たれている方が多いかと思います。

しかし、インプラント手術における失敗の多くは、手術を行う歯科医師の未熟さからくるものがほとんどです。「CT撮影を行わなかった」「実績のないメーカーのインプラントを埋入した」などが原因です。インプラントをしっかり勉強している歯科医師からすると、ありえない状況で手術をしていることが失敗の原因になっています。

インプラント手術はしっかりした知識・経験・準備をしていれば危険のない手術であると断言できます。

また当院では手術中に患者様の様態が急変した場合に備えて、「AED」「酸素ボンベ」も常備していますので、緊急時にも万全の対応が出来る体制を整えています。

更に日本口腔インプラント学会歯科衛生士(有資格者)がアシスタントとしてサポートしますので安心して手術に臨んで頂けます。

先日、他院で「骨の量が少ないので治療できません」と言われました。何か方法はないのでしょうか?

あります。

GBR法・ソケットリフト法・サイナスリフト法という骨を再生・移植する方法で骨の量を増やすことにより、インプラントを埋め込む土台を作ります。

当院ではこの治療法にも対応していますので、まずはお気軽にご相談ください。