審美歯科  ことぶきわたなべ歯科医院|
東京都 台東区 浅草 上野 田原町 歯医者 入れ歯 審美歯科 ホワイトニング

〒111-0042 東京都台東区寿2-3-6 03-3845-8020
+Dental Esthetic 審美歯科

保険適用と保険適用外の違い

健康保険制度は、国民全員が等しく治療を受けることができる制度です。

 

その反面、保険適用の歯科治療においては「かめる」という最低限の機能を取り戻すことに主眼が置かれているため、使われる材料や治療方法は20年から40年ぐらい前のものに限定されています。

 

このため、「自分の歯と区別がつかないような治療をしたい!」「芸能人のような透きとおる歯にしたい!」という「美しさ」を追求するご要望には保険が適用されない全額自己負担での治療を受けていただくことになります。

 

では、全額自己負担の審美歯科治療と保険適用範囲内の治療ではどのような違いがあるのでしょうか。以下、ご説明します。

 

 

見た目の美しさ

患者様にとって一番わかりやすいのは、経年劣化(けいねんれっか)とよばれる治療経過後の見た目の変化だといえます。その違いは写真で確認いただくと一目瞭然です。

 

【レジン(保険)とセラミック歯(保険外)の経年変化の比較】

①経年劣化 ②経年劣化 ③経年劣化
  • 手前3本がレジン
  • ①:5年経過後
  • ②:3年経過後
  • ③:装着直後
 
  • 中央から左3本レジン
  • 中央から右3本セラミック
 
  • 手前3本がセラミック
  • ①:5年経過後
  • ②:3年経過後
  • ③:装着直後

 

保険治療ではレジン(プラスチック)が用いられます。

それに対して保険適用外の審美歯科治療では、セミラック(陶器)やジルコニアといった材料が使用されます。

 

レジン(プラスチック)は性質上、食事をするたびに水分を吸収してしまうため、見た目が劣化していくことになります。

一方、セラミック(陶器)は見た目が劣化しないことが最大の特徴です。

 

また、患者さんにとって分かりづらい部分で、是非とも歯科医師として主張しておきたいのは、審美歯科治療は見た目の美しさだけではなく、

身体への優しさ

虫歯再発リスクの低下

にもつながるという事実です。

 

 

審美歯科治療が身体への優しさにつながる?!

保険適用範囲内で認められている、いわゆる「銀歯」は、見た目に違和感があるだけではなく、金属イオンが体内に流出することで身体に悪影響を及ぼすことが知られています。金属イオンが身体に及ぼす影響は人によって様々ですが、場合によっては金属アレルギーによる発疹(ほっしん)が起きることがあります。

 

また、金属イオンが歯ぐきに沈着することによって歯と歯ぐきの境目に黒い線ができてしまうブラックラインも金属イオンの弊害の一つであり、近年では身体への優しさにこだわったメタルフリー治療(金属を一切使わない治療)を全額自己負担であっても希望される方が非常に増えています。

 

【ブラックライン】

【ブラックライン】

※表面は白色のかぶせ物ですが、内側に金属を使用している素材なので、歯ぐきにブラックラインが生じてしまっています。

 

 

審美歯科治療が虫歯の再発リスクを低下させる?!

虫歯治療をした歯は人工のかぶせ物をしているため、

歯とかぶせ物の境目からむし歯が再発するリスクが非常に高い事実があります。

こうしたことを避けるために我々歯科医師としては、人工のかぶせ物のすき間をぴったりと埋めようとしますが、保険の材料ではこうしたことに限界があり、せっかく治療した歯も数年すると再治療になってしまうケースが圧倒的に多いといえます。

 

しかし、セラミック(陶器)などの保険適用外の材料を用いることにより、かぶせ物と歯の間をぴったり埋めることが可能となります。

結果、保険の材料と比べ虫歯再発リスクを最小限に抑えることが可能となるのです。

 

また、セラミックの性質上、汚れがつきにくい特徴を持ち合わせていることも虫歯再発リスクの低下に貢献します。

 

 

当医院の審美歯科治療

「金属」ではなく、「白い」つめもの・かぶせ物を用いて、天然の歯のように仕上げていくのが審美歯科治療です。

 

レジン (プラスチック)を使用する場合は保険適用、

セラミックス(陶器)を使用する場合は保険外治療になります。

 

保険適用の白い詰め物・かぶせ物であるレジン(プラスチック)は、銀歯などと比べ審美性は優れていますが、先ほども述べましたように、経年劣化が生じてしまうのが残念なところです。

 

審美歯科とは歯の美しさを追及していく治療ですので、ここでは経年劣化の生じないセラミック(陶器)を用いた保険外の治療法を紹介させていただきます。

 

 

セラミック治療

【セラミック治療の種類】

・「セラミックインレー」:詰め物としてセラミックを用います。

セラミックインレー

・「セラミッククラウン」:かぶせ物としてセラミックを用います。

セラミッククラウン

・「ラミネートベニア」 :薄いセラミックのシェルを歯の表面につけます。

ラミネートベニア

 ※付け爪のようなイメージです。

 

【当院推奨のセラミック素材】
-最高クラスの強度・審美性・生体親和性を兼ね備えたセラミック『ジルコニア』-

ジルコニアは「人工ダイアモンド」として知られており、

セラミックの中でも最高クラスの強度・審美性・生体親和性を持ち合わせています。

 

ジルコニアの素晴らしさを語る前に、セラミックには数種類の素材があり、それぞれ特徴があることをまず知ってください。

 

ハイブリッドセラミックス メタルボンドセラミック オールセラミック
ハイブリッドセラミックス メタルボンドセラミック オールセラミック
  • 【特徴】
  • セラミックとプラスチックの混合物。金属を用いていないので金属アレルギーの心配なし。しかし、プラスチックの性質も有しているので変色の可能性有り。
  • 審美性はオールセラミックより劣る。
  • 【特徴】
  • 表面はセラミックだが、金属の裏打ちがある。より、金属アレルギーの可能性有り。しかし、金属の裏打ちがあるので強度に優れる。
  • 審美性はオールセラミックより劣る。
  • 【特徴】
  • 素材はセラミックだけで出来ている。より、金属アレルギーの心配なし。また、審美性はこのなかで一番優れる。
  • しかし、硬く柔軟性が無いため「割れやすい」というデメリットがあり、強い力が加わる奥歯などには使用できない。

 

ジルコニアはオールセラミックの部類に入ります。

以前までのオールセラミックは、審美性は優れているが割れやすいというデメリットがありました。

 

この「割れやすい」というデメリットを克服したのがジルコニアなのです。

更に「審美性」も以前のオールセラミックに比べ格段に飛躍しました。

 

【ジルコニアの特徴】

ジルコニア

以前のオールセラミックよりも優れた審美性

強度と柔軟性を併せ持つ

金属アレルギーが生じない

変色しない

汚れがつきにくい

などなど。

つまり、全てのセラミックのいいとこ取りしたものが「ジルコニア」と考えていただいても良いと思います。

 

この究極の素材を当院では採用しています!

「究極の素材で究極の美」を求める方、是非当院にご相談下さい!

 

【セラミック治療の留意点】

セラミック治療では歯を削る必要があります。健康な歯を削る場合もありますので、まずは担当医と十分な相談をしてからの治療を御願いしております。

 

 

料金表

料金表はこちら

 

 

審美歯科Q&A

ホワイトニングと審美歯科の違いは何でしょうか?

簡単に言ってしまいますと2つの点で違いがあります。

 

≪1つ目≫

「審美歯科治療」はごく少量でありますが、歯を削る必要があります

「ホワイトニング」は薬剤などを用いて歯に化学変化を起こし白くしますので、歯を削る必要はありません

 

≪2つ目≫

「審美歯科治療」はあなたの好みの色を再現することが可能で、時間が経過しても治療時の色を保ち続けることができます

「ホワイトニング」では歯の質や治療回数などにより白さの度合いは個人個人異なってきます。また時間の経過とともに白さが失われていきます

 

このように治療法で一長一短がありますので、どの治療法の方がいいかは一概には言えません。担当医と相談してからの選択をお勧めいたします。詳細はホワイトニングを参照下さい。

 

歯並びがガタガタです。長い期間のかかる矯正治療ではなく、審美歯科治療でも対応可能と聞いたのですが、本当でしょうか?

本当です。

しかし、理想から言いますと歯列矯正を選択されるべきだと思います。

 

矯正治療は審美歯科治療と異なり、基本的に歯を削ったり神経の処置をせず、歯を移動させて歯ならびを正常の位置に導いていく方法で、歯自体には一番負担のかからない治療法です。多少の期間はかかりますが、最終的には本当にきれいな歯列に改善することができます。何よりも素晴らしいのは、一生自分の歯でいられるということです。

 

しかし矯正もいいことばかりではありません。

期間が比較的長いこと、個人差はありますが若干の痛みをともなうこと、器具が見えて格好悪いことなど、主に精神面でのマイナスの要素があります。

 

そこで「歯の色と歯ならびを短期間に」という条件に合う方法として紹介するのが

「オールセラミックスクラウン法」です。

これは歯の全面にセラミックのクラウンをかぶせ、しっかり固定する方法で、どんな色や形も自由自在に表現することができます。審美的には現在もっとも進んでいる治療法のひとつといえるでしょう。もちろん歯と同等の強度ですから、機能的にも天然歯にひけをとりません。

 

患者様の顔の輸郭や雰囲気、肌の色、よく付ける口紅の色などをトータルに把握しておき、ご希望も含めて一番合った歯の形、色、歯列をつくります。これが審美歯科ならではの特徴です。

 

いずれにしても、医師に相談してみてください。歯の状態や治療回数、費用などを総合的に検討して納得のいく方法をとられるといいと思います。