虫歯・歯周病  ことぶきわたなべ歯科医院|
東京都 台東区 浅草 上野 田原町 歯医者 入れ歯 審美歯科 ホワイトニング

〒111-0042 東京都台東区寿2-3-6 03-3845-8020
+Cavity・Perio 虫歯・歯周病

 

■虫歯治療

 

「痛くない!」歯医者さん

歯医者さんとはどうしても「痛い」「怖い」という残念なイメージが定着してしまっています。しかし、現在は技術の進歩によりこのイメージも当てはまらなくなってきています。

当院もこのイメージが当てはまらない歯科医院の1つであることをここで宣言します!

 

≪痛くない4つの理由≫

麻酔注射をしてしまえばその後の痛みはありません。

しかし、その麻酔注射をするのに「チクッ」という痛みが伴います。当院ではこの注射時の痛みも感じさせない、本当の意味での無痛治療を実施しています。

この方法は4つのStepを踏むことで実現しています。

 

Step1

綿棒に麻酔液を含ませ、注射をする部分に塗布することで、注射時の痛みをなくします。

 

Step2

通常使用されている針よりも、もっともっと細い針を使用します。

針が細ければ細いほど痛みは小さくなります。

 

子供の笑顔

Step3

注入する麻酔液を体温まで温めます。

これも痛くなくするための手段の1つです。

 

Step4

電動麻酔注射を用いてゆっくりと麻酔液を注入していきます。

急激に麻酔液を注入することは痛みの原因となるので、ゆっくり時間をかけて注入することが大切です。

 

 

可能な限り「削らない!」歯医者さん

歯は削れば削るほど寿命が短くなっていきます。

ご存知でしたか?詳しくは予防歯科をご参照下さい。

 

歯の寿命を出来るだけ伸ばしてあげるために出来るだけ「削らない」という処置は必要です。また、患者様の治療時のストレス(音・振動)を和らげるためにも出来るだけ削らない処置は必要となってきます。

 

当院では3つの段階を踏むことで多角的に虫歯を分析し、可能な限り「削らない」治療を実現させています。

 

Step1

視診

まずは目でチェック!

診療風景

 

Step2

レントゲン撮影

目では見えない部分をチェック!

撮影後、直ぐに画像を見て頂けます。

レントゲン

 

Step3

ダイアグノデントの活用

目でもレントゲンでも判別できないような初期虫歯をレーザーの光でチェック!

ダイアグノデント

 

この段階を踏むことで、虫歯に感染している部分のみ削ることが可能となり、歯の寿命を延ばすことが可能となるのです。

 

また、この段階を踏むことにより、初期虫歯の発見率が高まります。

初期の段階であれば「まったく削らない」で治癒させることが出来ますので、

「治療」と「予防」を兼ね備えた優れた手法といえます。

 

 

虫歯の進行状況別の治療内容

虫歯は急に進行するわけではなく、長い年月をかけて徐々に、徐々に進行していきます。

歯科医院では、虫歯の進行状況にあわせて、それぞれCO⇒C1⇒C2⇒C3⇒C4という記号で進行状態をあらわしています。

 

 【虫歯の進行過程】

C1 C2 C3 C4

虫歯の進行状況にあわせて治療内容も大きく変わります。

 

「CO」

COの段階であれば、しっかりとしたホームケアや処置をすることで削らずに自然治癒させることが可能です。

 

「C1」

虫歯の初期段階であるC1になると、治療が必要になりますが、虫歯を削りレジン(プラスチック)を詰め、1回の治療で終えることができます。

 

「C2」

患者さん自身が冷たいものを飲んだりして歯に違和感を覚えるのは、C2の段階です。

この段階までであれば、歯を削る量は少なくすることが可能です。また、治療回数も2回程度と短期間で終えることが可能です。

このように早い段階であれば、短期間で終わるものが、C3以降になると話が大きくかわってきます。

 

「C3」

C2の時よりも痛みの自覚症状が強くなります。C3以降の治療は、虫歯が神経に到達しているため、神経を除去する治療が必要になります。そして、神経除去後は歯が非常にもろくなりますので、クラウンなどの「かぶせもの」を装着することになります。治療回数は3回以上かかります。

神経除去治療は肉眼では見えない手探りの根気のいる治療になります。

そのため、C3以降の治療は長い治療期間をともなった治療になってしまいます。

つまり、痛い治療が嫌だからといって、治療を先のばしにしていると大きな痛みと長い治療期間という、まさに患者さんにとって一番嫌な状況に陥ってしまいます。

 

「C4」

残念ながら、この段階になってしまった歯は基本的に残すことができません。

しかし、周囲の骨やその歯の根の状況などによっては歯を残す治療も可能となることもあります。まずはご相談下さい。

 

※抜歯した後の対処法としましてはインプラント入れ歯をご覧ください。

 

 

虫歯の予防のために

虫歯を削り、金属の詰め物・かぶせ物をすれば、

何だか以前よりも歯が強くなった感じがしますよね。

 

しかし、残念ながら、歯は削れば削るほど弱くなっていきます。

言い換えると、治療をすればするほど虫歯の再発リスクは高くなります

せっかく治療した歯なのだから長く、快適に活用したいですよね!

そのためには、定期的に歯科医院でのメインテナンスが非常に効果的です。

詳しくは予防歯科を参照ください。

 

 

 

■歯周病治療

 

あなたも既に歯周病にかかっている?!

患者さんに「歯槽膿漏です」とお伝えすると、特に若い方は、とんでもない病気にかかってしまったという顔をします。そこで、歯学界では、患者さんの心理的負担を和らげるために、歯槽膿漏を歯周病と言いかえることにしました。このため、歯周病は、歯槽膿漏の一歩手前という誤った認識が広がっていますが、

ビックリマーク

歯周病と歯槽膿漏は全く同じものです。

私は、表現を変えることで、安易に患者さんの危機感を

低下させているのではないかと懸念しています。

 

事実、30代の80%以上は歯槽膿漏(歯周病)

を患っており、日本人が歯を失う原因としては、

虫歯よりも歯槽膿漏(歯周病)で歯を失う方のほうが多いのです。

 

歯槽膿漏(歯周病)は歯を支えている顎の骨が溶けてしまう怖い病気です。

基本的には、一度、溶けてしまった骨は再生しません。さらに、歯槽膿漏(歯周病)にかかってしまうと、自分では気づかないうちに、強烈な口臭を周囲にまき散らします。

 

こうした状況を少しでも改善するためにも、患者さんに歯槽膿漏(歯周病)に関する正しい知識を持ってもらう必要があります。

 

 

患者さんを苦しめる歯槽膿漏(歯周病)のメカニズム

≪歯槽膿漏(歯周病)の進行過程≫

歯槽膿漏(歯周病)の進行過程≫

多くの患者さんから幾度となく、「毎日、歯ブラシをしているのに、どうして歯槽が膿漏(歯周病)になってしまったのですか?」ということを聞かれます。その答えの一つが歯槽膿漏(歯周病)人から人へ移る感染症であるということです。

 

感染症である以上、物理的な清掃(歯磨き)だけで感染予防をすることはできません。

さらに、歯周病菌はバイオフィルムと呼ばれる強力なバリアで守られていますので、歯ブラシだけでは、そのバリアを除去することが非常に困難です。

これらが歯槽膿漏(歯周病)の予防や治療を難しくしている原因だと言えます。

 

 

とにかく早目の来院が重要!

衛生士

歯槽膿漏(歯周病)の恐ろしいところは、サイレントキラー(静かな殺し屋)と呼ばれるガンや脳卒中と同様に、痛みが伴わないため、あなたが知らないうちに病気が進行してしまい、気付いたときにはもう手遅れになってしまっているということです。

 

歯槽膿漏(歯周病)にかかった患者さんは、助けを求めて歯科医のもとに来院されます。

「グラつきだした歯を治したい」「以前と同じように物が噛めるようになりたい」という希望を持って、歯科医院に訪れます。

 

しかし、多くの場合には、「グラついた歯を抜きます」と診断されてしまいます。歯科医院で行われる抜歯のうち、約8割が歯槽膿漏(歯周病)によるものだという報告もあります。

 

歯槽膿漏(歯周病)は末期になると、決定的な治療法や特効薬がありません。

歯科医師としても、歯槽膿漏(歯周病)の初期段階での治療は自信がありますが、末期では延命がせいぜい、というのが本音です。

 

しかし、末期の状態になる前であれば歯科医院で行なうPMTC(専門家による機械を用いた歯のクリーニング)やスケーリング(歯石の除去)を行なうことで、状態は改善します。

詳しくは予防歯科を参照下さい。

 

ですので、下記のセルフチェックに該当する箇所が1でもありましたら歯科医院への早期来院をお勧めします。

 

 

歯周病セルフチェック

下記のような症状が一つでもありましたら、すぐに歯科医院に来院してください。

1. ハミガキすると歯茎から出血する。  2. 歯肉が赤く腫れている。  3. 歯茎から膿が出る。  4. 食べ物が歯の間にはさまりやすくなった。  5. 昔より歯が長くなったように見える。  6. 朝起きた時、口の中がネバネバする。  7. 歯がグラグラする。  8. 歯が浮いた感じになる。  9. 口臭があるとよく言われる。

歯科医師はもちろんのこと、当院では「日本歯周病学会認定歯科衛生士」も在籍しておりますので、気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。

 

 

歯周病Q&A

歯周病は全身疾患の原因になるという話を聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?

全身疾患

本当です。

関連性が報告されているものは、

糖尿病、心筋梗塞、肺炎、低体重児出産などがあげられます。

歯周病は、歯を失う病気という認識だけではなく、

全身疾患にも関連してくる恐ろしい病気という認識が大切です。

外科手術(フラップオペ)には対応していますか?

はい。対応しています。

GBR法、GTR法、エムドゲイン法にも対応していますので、重度歯周病の方でもまずはご相談ください。

ページのトップに戻る